mercury mrl2538 パレー&デトロイト響 ショーソン 1番(白テスト重量盤両面収録220g)

¥ 5,000 税込

レコード保管出荷地:

【jacket(box)】
NM本来テスト盤につき付属しませんが本盤偶然付属
【record】
NM
【addition】
19**リリース
【recordkarte】
マーキュリーレコードを語ることは、表紙にもカラー印刷されている HI-FI STEREO と LIVING PRESENCE を語ることだと思います。一連のリヴィング・プレゼンスシリーズの生みの親は、米国の女カルーシヨー、ウィルマ・コザートに言及しない訳には参りません!!!ウィルマ・コザートはマーキュリー・レコードで活躍した女流プロデューサー。1950年に入社した彼女が次々に制作したLPは、音質の素晴らしさでセンセーショナルな話題を呼びました。スイスのスキューダーの原器である米国業務用機器アンペックスを駆使し、35ミリのマグネティック・フィルムを導入した録音は、今日でも全く色褪せない新鮮さを保っています。本盤も、そのコザートの作品。アメリカ人だと思っていたポール・パレーは、1886年5月24日、フランス・ノルマンディの港町ル・トレポールに生まれた生粋のフランス人!!!戦後に指揮活動を始めた。ラムルー管やコロンヌ管の指揮者を務め、フランス近代音楽を好んで演奏したという。イベールの寄港地の初演者として有名。1952年、再建されたデトロイト交響楽団の常任指揮者に任命され、この楽団をアメリカのメジャー・オーケストラの一つに育て、1963年まで在任した。この約10年間が、録音活動がもっとも活発だった時期で、マーキュリーのオリンピア・シリーズ(モノラル)・リヴィング・プレゼンス(ステレオ)という優秀録音で数々の名演奏を残した。本盤はその得意としたフランス音楽の代表作で、よく聴くとマルティノンのようなフランス・エスプリがタップリ!!!(^^)/

盤面コンディション

M
半世紀前未開封、経年変化サーフェスノイズ可能性考慮下さい
NM
擦傷は目視認識するようなもの無、サーフェスノイズ程度ニアミント
EX
擦傷は軽微なもの認識、軽微スクラッチノイズ発生有
EX-
擦傷は目視で数本確認出来、スクラッチノイズ発生有
VG
擦傷数本確認出来EX-多いスクラッチノイズ発生有。瑕疵記載
VG-
擦傷確認出来VG多い全面スクラッチノイズ発生有。所謂POOR盤
G
擦傷全面確認出来VG比較明らかに多い。鑑賞支障無盤限定
P
擦傷G比較深く針飛び有り。世に数枚しか存在レア盤除き掲載しない

ジャケット&カートンコンディションリスト

M
基本的シュリンク包装未開封盤
NM
ラミネート浮、文字消、書込、破れ、角潰等無美品。ニアミント
EX
NM比使用感有軽微書込等有るがコレクション相応良品。瑕疵事項記載
EX-
EX比使用感認識、軽微破、裏面折返部分欠等有並品。瑕疵事項記載
VG
EX-比さらに使用感顕著、コレクションアイテム最低基準。瑕疵事項記載
VG-
所謂POOR盤、コレクション不向レア盤限定掲載。瑕疵事項記載
G
破れ数箇所ジャケットの原型留めていない。レア盤除掲載無。瑕疵事項記載
P
ボロボロ状態、世に数枚存在レア盤除き掲載しない。所謂無残盤
レコードの状態更に正確・確実に御伝えする為、下記の略号を用意しました。
上記略号ある場合必ず参照下さい

略号一覧

SP(S)
slight spindle marks on label, レーベル面跡薄っすら認識
平重
flat,heavy weight 平 はフラット盤、重 は180g以上の重量初期盤意味
WD
water damage, 水濡れ、水汚れ
MOC
Mold on cover, ジャケットにかび汚れ
TOC
tape on cover, ジャケットにテープ跡
STOC(L)
sticker on cover(label), ジャケット(ラベル)にステッカー
WOC(L)
Written on cover(label) (SWOC)ジャケット(ラベル)に書き込み
WRP
warp, レコード盤のそり
LF
laminate float, ラミネート浮き
S はSLIGHT軽微意味